エリスマン邸

木漏れ日が似合う白亜の建物

エリスマン邸は、絹糸貿易商エリスマン氏の私邸として1926年に山手町127番地に建築されました。現在の場所には、1990年に移築されています。設計は「現代建築の父」といわれるアントニン・レーモンド。

木々に囲まれたエリスマン邸。


入口には「しょうゆ・きゃふぇ」の看板も。
醤油パンとデザートと生プリンのお店が中にあります。


かつての食堂兼居間。奥のサンルーム、右手前の応接室とつながっている。


応接室。この部屋だけ暖炉がある。


南庭に面したサンルーム。コロニアル系異人館の開放的ベランダが内部化したもの。


食堂の階上にある主寝室。南にはバルコニーがある。現在は展示室として利用。


地下室の展示場。パッチワーク展が開催されていた。


半地下なので、地下室から庭に出られる。


関連情報

住所横浜市中区元町1-77-4
電話番号045-211-1101
休館日第2水曜日(祝日は開館し翌日休) 年末年始(12/29~1/3)
開館時間9:30~17:00(7・8月は18:00まで延長)
交通最寄り駅は、みなとみらい線元町中華街駅、またはJR根岸線石川町駅
駐車場なし
入場料なし

一緒に歩きませんか

ウォーキングサークル「鎌倉・江ノ島ウォーキング」では、鎌倉、江ノ島だけでなく、横浜の街など広く神奈川県内を歩いています。詳細は下記をご覧ください。

鎌倉・江ノ島ウォーキング


無料であなたのホームページを作ります

事務所、店舗、グループ、サークル、ボランティア団体、など、小規模事業者や個人のホームページを無料で作成します。詳細は下記をご覧ください。

無料ホームページ作成