ベーリックホール

スパニッシュスタイルを基調とした西洋館最大の建物

べーリック・ホールは、イギリス人貿易商ベーリック氏の邸宅として、1930年にアメリカ人建築家モーガンによって設計されました。1956年に宗教法人カトリック・マリア会に寄付され、2000年まで寄宿舎として使用されていましたが、その後横浜市に寄付されました。

スパニッシュスタイルを基調としていますが、玄関の3連アーチや、イスラム様式の流れをくむ小窓、瓦屋根をもつ煙突、白と黒のタイル張りの床、玄関や階段のアイアンワークなど、多彩な一面もあります。

正門。


ベーリックホール全景外観。


玄関を入ると、正面が2階への階段。床は白黒のタイル。


高い天井に暖炉のある広い居間。左手にパームルームがある。


パームルーム。


食堂。白い漆喰壁に木造の軸組みを露出させ、和風の趣を出している。


トイレ&バスルーム。


令息寝室。壁はフレスコ技法を用いて仕上げられている。


書斎に仕立てられているが、元々は主人の寝室。


夫人の寝室。奥に見えるのは主人の寝室。


異国の自室で過ごすことの多い夫人のために寝室は広い。奥にはサンポーチ。


サンポーチ。


客用寝室。現在は応接室に仕立てられている。


窓から庭を見る。


結婚式もできる

1日1組限定ですが、結婚式として利用出来るそうです。人前結婚式やデザートブッフェなど、広い前庭を使用した演出が売りだとか。

他にも、山手111番館、横浜市イギリス館、エリスマン邸、外交官の家、ブラフ18番館で、結婚式やケータリングによる披露宴ができるそうです。

ウェディングドレス姿の宣伝用写真撮影をしていました。


関連情報

住所横浜市中区山手町72
電話番号045-663-5685
休館日第2水曜日(祝日は開館し翌日休) 年末年始(12/29~1/3)
開館時間9:30~17:00(7・8月は18:00まで延長)
交通最寄り駅は、みなとみらい線元町中華街駅、またはJR根岸線石川町駅
駐車場なし
入場料なし

一緒に歩きませんか

ウォーキングサークル「鎌倉・江ノ島ウォーキング」では、鎌倉、江ノ島だけでなく、横浜の街など広く神奈川県内を歩いています。詳細は下記をご覧ください。

鎌倉・江ノ島ウォーキング


無料であなたのホームページを作ります

事務所、店舗、グループ、サークル、ボランティア団体、など、小規模事業者や個人のホームページを無料で作成します。詳細は下記をご覧ください。

無料ホームページ作成