外交官の家

当時の外交官の暮らしが垣間見える家

外交官の家は、1910年に明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅として、東京渋谷の南平台に建てられました。1997年に横浜市に寄贈され、市は山手イタリア山庭園に移築して一般公開しました。建物内部の一部家具類も、当時を再現しているとか。外交官の家というだけあって、ちょっと重苦しい感じもします。

イタリア山庭園入口。左手が外交官の家、右手がブラフ18番館。


玄関側から見た外観。


裏庭から見た家の外観。


食堂。外交官の家にとって、もてなす場としての食堂は重要。
壁の木部が高く、アールヌーボー風の曲線の装飾が用いられている。


小客間。晩餐会の際には、食事の用意を待ったり、お茶の場として使われた。


大客間。全体に重厚な雰囲気だが、出窓などが柔らかな印象を与えている。


供待部屋。お供の控え室。窓から馬車回しが見られる。


サンルーム。庭に面した腰壁は、引き違いの無双窓で、足元から風を入れられる。


書斎。上部のガラス窓は、隣接するクローゼットの明り取りにもなっている。


主寝室。1階に比べて明るい色調で、広く、開口部が多い。


主寝室の窓際。くつろぎの場所になっていた。


寝室から続く八角形のサンルーム。夫人のプライベートルームでもあった。


関連情報

住所横浜市中区山手町16
電話番号045-662-8819
休館日第4水曜日(祝日は開館し翌日休) 年末年始(12/29~1/3)
開館時間9:30~17:00(7・8月は18:00まで延長)
交通最寄り駅は、みなとみらい線元町中華街駅、またはJR根岸線石川町駅
駐車場なし
入場料なし

一緒に歩きませんか

ウォーキングサークル「鎌倉・江ノ島ウォーキング」では、鎌倉、江ノ島だけでなく、横浜の街など広く神奈川県内を歩いています。詳細は下記をご覧ください。

鎌倉・江ノ島ウォーキング


無料であなたのホームページを作ります

事務所、店舗、グループ、サークル、ボランティア団体、など、小規模事業者や個人のホームページを無料で作成します。詳細は下記をご覧ください。

無料ホームページ作成