山手234番館

エレガントな共同住宅

山手234番館は、1927年頃に外国人向けの4世帯用共同住宅として、民間業者によって現在の敷地に建設されました。戦後の米軍による接収を経て、1980年頃まで使用されていましたが、1989年に横浜市が歴史的景観の保全を目的に取得しました。保全改修工事を経て1999年から一般公開されています。

基本的な間取りは1階、2階とも左右対称の3LDK×4組となっていますが、改修によって部屋の機能が変わっているので、今では共同住宅という感じはしません。

山手本通りから見た外観。


玄関。玄関を入ると左右対称に部屋がある。


入って右側の居間はインフォメーションに。
山手地区の施設や催し物の案内をしている。


左側は居間として保全されている。
スチーム暖房器具、暖炉、フローリング床などは創建時を再現。


2階右側居間はレクチャールームに。


2階左側居間は休憩室、その奥にあるギャラリー。


1階間取り図。2世帯分が、左右対称になっている。2階もほぼ同じ。


関連情報

住所横浜市中区山手町234-1
電話番号045-625-9393
休館日第4水曜日(祝日は開館し翌日休) 年末年始(12/29~1/3)
開館時間9:30~17:00(7・8月は18:00まで延長)
交通最寄り駅は、みなとみらい線元町中華街駅、またはJR根岸線石川町駅
駐車場なし
入場料なし

一緒に歩きませんか

ウォーキングサークル「鎌倉・江ノ島ウォーキング」では、鎌倉、江ノ島だけでなく、横浜の街など広く神奈川県内を歩いています。詳細は下記をご覧ください。

鎌倉・江ノ島ウォーキング


無料であなたのホームページを作ります

事務所、店舗、グループ、サークル、ボランティア団体、など、小規模事業者や個人のホームページを無料で作成します。詳細は下記をご覧ください。

無料ホームページ作成