早川・片浦ウォーキングトレイル

丘陵地帯の起伏に富んだウォーキングトレイル

午前5時前に自宅を出て、東海道線の早川駅に着いたのが午前6時半ころ。駅を出て住宅街を抜けるといきなり急な坂道です。両側に石垣が積まれた道をゆっくりと登って行きました。途中で振り返ると、相模湾の海が光って見えます。お天気が良く空が真っ青で、歩いているととても気持ちが良かったです。

駅から歩き始めた道。しばらく急な上り坂が続く。


登りきると見晴らしのよい景色に。


舗装道路が続く。


しばらく歩くと石垣山一夜城跡に着きました。ここは太閤一夜城とも呼ばれているそうで、豊臣秀吉が1590年の小田原征伐の際に構築した本格的な城です。小田原城から見えないように築き、完成後に周囲の木を伐採して、北条氏側に一夜にして築城されたかのように見せて驚かせ、戦闘意欲を失わせたとか。

太閤一夜城の入口。


建物は一切残っていませんが、天守閣跡とか、本丸跡、二の丸跡などが散在し、あちこちに石垣が残っていました。展望台から小田原方面を見ると、確かに小田原城のあった辺りが一望できます。この辺りを秀吉も歩いたのかと思うと、歴史を感じます。

太閤一夜城の跡。


南曲輪跡。石碑が立つのみ。


一休みした後、またゆっくりと歩き始めました。ウォーキングトレイルとは「歩く道」みたいな意味で、要所要所に案内板が立っています。道に迷うことはありませんでした。ただ全工程のほぼすべてが舗装された道で、一部車の通る広い道もあります。夏は辛いかも知れません。

道路の要所に立つ案内板。


延々と続く舗装道路。炎天下には堪える。


舗装道の脇に小川が流れているところもありました。山の中腹や道の脇に、沢山のみかんを見かけました。駅の近くで弁当を買い忘れたので、まだ朝食を取っていません。お腹が空いてきたので、米神水源地の近くで一休みしてカロリーメイトを食べました。ついでに暑くなってきたので長袖シャツを半袖に着替えてウォーキング続行。

小川に架った橋。せせらぎにほっと一息。


途中、東海道線や新幹線、東名高速などを見下ろす景色の良い高台が何箇所かありました。当然海も遠くまで見下ろせます。望遠レンズを構えた人たちに数グループ会いました。雑談をしていたので、きっと電車が来るのを待っていたのでしょう。

海と線路と町を見下ろす絶景。


歩き始めて2時間半後(午前9時)、終点近くの牧谷川橋に着きました。 ヒルトン小田原リゾート&スパに寄ろうかと思いましたが、利用時間は10時からとのこと。結局迂回道を通って終点根府川駅に着きました。

山の中腹から海を見下ろす。


まだ時間が早かったので、小田原駅で途中下車し、ベックスコーヒーでモーニングセットの朝食。450円でしたが、結構美味しかったです。余談ですが、昔はどちらかというと立ち食いそばの方が多かったのですが、最近はマクドナルドやコーヒーショップでモーニングセットを食べることが多くなりました。

時刻はまだ午前10時。小田原城を見物に行きました。江戸城(皇居)は広すぎて簡単に一回りできませんが、小田原城は一通り見て回ることができます。鉄筋コンクリートで建て直した城ですが、壮大で美しい建物だと思いました。周囲の道も木が多くて、歩いていて気持ちが良かったです。

小田原城近影。


小田原城遠景。


小田原城の城門と橋。


その後、街を抜けて海岸に出ました。快晴の海はやはりいいですね。ラジオを聴きながら砂利の上に座ったり横たわったりして、ぼんやりと1時間近く過ごしました。綱島駅に帰着したのは午後1時過ぎ。約8時間半の行程でしたが、家を出たのが早かったので、午後も有効に使える時刻に帰宅できました。

小田原の海岸(相模湾)。


関連情報

距離早川駅から根府川駅まで、約12km。
所要時間約3時間30分。

一緒に歩きませんか

ウォーキングサークル「鎌倉・江ノ島ウォーキング」では、鎌倉、江ノ島だけでなく、横浜の街など広く神奈川県内を歩いています。詳細は下記をご覧ください。

鎌倉・江ノ島ウォーキング


無料であなたのホームページを作ります

事務所、店舗、グループ、サークル、ボランティア団体、など、小規模事業者や個人のホームページを無料で作成します。詳細は下記をご覧ください。

無料ホームページ作成